2015年4月8日水曜日

ココナツ勉強


前回、単なる感覚だけで、オーガニックココナッツオイルとはどういう意味じゃ???と疑問をたくさん並べてみましたが、作っているとどうして課題や疑問が生まれ、やはり勉強はしっかりしていかないといけません。

オーガニック=農薬やら化学肥料、という固定観念がある浅はかな私の頭には、どうやってあんなココナツに農薬を振りまくんじゃー!と思っていましたが、大きな間違いでして。化学的な精製を行ったり添加物を使わない、成分を体にあまりよろしくなく肥満や肝臓に悪い油(ココナツオイルに関わらずどんな調理油も市販のものは大抵同じようなもの)ではない、生のココナツを使って化学的な処理をせず作られている、という意味だそうですね。

そうなるとますます、なーんだ、という感じで、我々の自家製オイルは正真正銘のオーガニックココナッツオイルではないか!!と自信がもてるわけです。しかしながら、当然、日本の厳しい食品の品質基準にかなうためには、メーカーや輸入業者さん達も努力をされているのは承知のこと。私達ができることは、丁寧に心をこめて、細心の注意を払いつつ、絶品オイルを作るということにつきます。

色々と勉強し、それを今関わっている仲間と、今後村の人たちにも共有していくための資料作りをはじめています。そこに詳しく、くわし~く書いてまいります。そして、皆さんにもちゃんとお伝えできるようにしたいと思います♪勉強すればするほど、分かったことも多く、今後の課題も明確になってきました。

カンボジアでのココDACCの実験は、ひとまず4月末で小休止します。村の人たちと事業の打ち合わせに行き、ミャンマーでもオイルづくりを開始できる準備を始めるのと、何より主力のメンバーがカンボジアから一時帰国しますので…。カンボジアのココDACCは、7月末以降にまた再開したいと思います。ますますよいオイルができますよ~、お楽しみに!